充電器はもう壊れてます

どうして…iphone 充電器を、俺は破壊済み?「そりゃ…お前が前回、食おうとした所為だろ」えっ自分が?何故そんな馬鹿げた所業を、いや止めろよ!知ってたんなら。

「阿呆、散々止めたさ。けど、絶対食らって見せる。逆転発想だとか、云々抜かし、聞く耳持たず。威勢よく口へ運んでた」その後がこれか?

「まぁ結局噛めねぇ!他、味皆無等、理由つけちゃ愚痴り、結局…」うむ。「フライすれば大丈夫とか、謎の結論に至り、小麦粉で包み、油で加熱」

すげー!それほど本格的な油料理。iphone 充電器へやりすぎ、だから抑えろと。「バカ!静観するが如何に辛いか…。

目を背ける親友を余所に貴様は揚げ、iphone 充電器を皿へ盛り、ソースたっぷり、サラダを添え、完成!」スペシャルメニュー完成!豪語の異常行動。

マジかよ…酔ってた?正直、他人事と思えてならぬ。それも信じられぬ所業。iphone 充電器を?うぇ、戻しそう。

「安心せー。結局、固い等の理由つけ、衣とサラダ以外無理」だよなぁ、普通に考え無理さ。